禅チェア
魔法ベルト
まくら&坐&魔法ベルト
坐&椅子卓
坐 (大)(小)
オーガニックコットンカバー

禅チェア
坐 (小)
魔法ベルト
寝ながら健康法
赤外線熱画像比較
坐 (小) の使用例

禅僧からのメッセージ
坐 (小) の声
魔法ベルトの声

禅・砂ふとん日記
自然療法「砂浴合宿」

販売会社
特定商取引法表示
個人情報保護方針
お問い合わせ

寝ながら健康法
§ 寝ながら健康法 §
自然治癒力を涵養(かんよう)する
白隠禅師(はくいんぜんじ)の「内観(ないかん)の秘法]
のおどろきの効果
これは簡単!!「寝ながら健康法」

臨済宗中興の租
 臨済宗(りんざいしゅう)・中興(ちゅうこう)の租(そ)といわれる白隠禅師(はくいんぜんじ)が執筆した「夜船閑話(やせんかんわ)」(1756年)の中に、「内観(ないかん)の秘法」(寝坐禅)「軟酥(なんそ)の法」(坐禅)が説かれています。

「内観の秘法」とは
 「内観の秘法」とは、白隠禅師が、禅病(不治の病)を治すために取り入れた寝方です。
 この寝坐禅を、大衆向きに、日常生活で実現可能である健康法として解き明したのです。

[総 論]
 良い姿勢は身心が健康な証拠であることは知っていても、今日の生活環境の中で良い姿勢を身につけることすらできない状況に置かれていることに気が付いていないのです。
 良い姿勢とは、なんぞやと尋ねると背筋が伸びていればよいではないかとの答えが返ってきます。人間は、二本足の動物であることを忘れて、腰から上だけの姿勢の問答しかされていないのです。坐っているときの足、寝ているときの足の位置についての問答は皆無です。両ひざを揃えて坐っている、寝ていると自然と姿勢が良くなるのです。
 両ひざを、揃えて歩いている、走っている姿は誰が見ても整っていると感じるでしょう。
 では、坐っている、寝ているときに、両足は開いていてよいのですか。考えてみてください。
 地球の磁場の影響を受けて生活している人間は、常に重力(引力)を感じる姿勢が自然体です。
 坐っているときに、腰を曲げたままになり、足が床に着いていない、足を組む、また、寝ているときに、仰向けのときは、足を開げて左右対称でない足になり、その上足を捻らせている。又、横向きで寝ている間に、両足は交差させていますので、左右対称でない足癖になって、股関節を痛める原因になり、その姿勢を続けることで、悪い癖が身につくのです。
 坐っている、寝ている姿勢が、重力に身をゆだねてない姿勢を続けることで自然治癒力の活力が湧かない体になるのです。
 丹田は、呼吸法の代名詞のように言われていますが、実は体の重心であり、白隠禅師も、「心気を丹田におさめよ」言われているように、大事なところです。
 丹田の周囲の臓器の疾患を生じさせるのは、体を歪めるような姿勢を続けることで、体の重心が動くことに原因があるのです。
 殆どの椅子の座面が、後傾座になっています。後傾座に坐り続けることで、腰、背筋を曲げる原因を助長し、下肢の血行は悪くなり、足がむくむ、冷える、腰痛等の症状がでます。その影響は、体の重心を狂わせることに繋がります。
 左右の股関節を歪めると、仙骨、骨盤も歪めることになり、脊柱も歪めることになります。脊柱には、脳と繋がっている脊髄神経が通っています。
 脊髄神経は、知覚神経、運動神経、自律神経などがあり、脊柱が歪むことでさまざまなトラブルが起きるようになります。特に内臓をコントロールする自律神経のトラブルにより、腰痛、偏頭痛、消化器系、泌尿器系、生殖器系、呼吸器系の病にかかりやすくなります。
 この日常の症状の積み重ねが、未病から病気に進行していくのです。
 毎日の坐っている、寝ている姿勢について疑問を持つことなく生活し、その姿勢から未病、病気、要介護、障害者の体調の悪化が増加し、福祉予算の増大、医療費高騰の原因にもなっているのです。
 坐禅と言えば、精神修養と考えられていますが、実は姿勢を正すことがまず大事なのです。
 坐禅している時の、両手の合わせた位置は丹田です。体の重心である丹田に、「気」を集めることで「元気」になる流れを知った白隠は、健康を回復し、この健康法を実践したのです。

[血液循環と自然治癒力]
 血液は、足の先から頭の天までが流れています。血液の流れが悪いと免疫力が低下し、その兆候として冷えを感じるようになります。つまり、血液は全身の体温調整もしているのです。心臓から出た血液が足の先に届いたときには、血液温度は下がっているのです。何故下がるかと言えば、心臓から遠いからからだけでなく、坐っている、寝ている姿勢が悪いと血液の流れが悪くなるからです。その主な原因は、左右の股関節の歪みにあるのです。両ひざを揃えることで、股関節は左右対称になります。二本足の人間にとって、股関節は、上半身を支える重要な関節です。股関節が左右対称であり整っていると姿勢はよくなります。医学では、股関節の重要性が全く解明されていないのです。
 磯谷療法の磯谷公良先生は、股関節の重要性を説かれているので、是非お読み下さい。
 体の各部の骨の連結は、筋と筋肉で構成されています。それが関節であり、正常な骨格の姿勢を保つ為に、とても大事です。関節の周りには、神経、血管があります。それ故に、関節を緩めることで、血液循環、免疫力が向上すると、免疫力で有名な新潟大学安保徹先生も言われています。腰椎、脊柱、頸椎の椎間板も関節と考えます。
 下肢の血行が良くなると上半身の血液循環が良くなることは、文献でもはっきりしています。
 坐っている、寝ているときに下肢の血行が悪くなる原因を取り除くことで上半身の血液循環が良くなるのであれば、その原因を取り除けば良いことになります。全身の血液循環が良くなることで、体温も整うので、低体温、高、低血圧にもよく、免疫力の向上にもつながります。
 両ひざを揃える姿勢を続けることは、即ち姿勢が良くなることです。こんな簡単な論理が何故今日まで明かされなかったかと考えると、西洋医学は、対処治療の進歩と臨床分析を重要視して優先し、それに対して、古くからある漢方療法等は、真意の伝承の解釈が各々違うために、一人ひとりの療法の結果が伴わないために疎遠の傾向になったのです。
 自然治癒力を向上させるためには、西洋医学では無理があります。
 しかし、理屈がどうであれ、人間の体は、人種が違っても、両ひざを揃え、体の重心が整うと、自然と姿勢が良くなり、下肢の血行が良くなるのです。
 下肢の血行が良くなることで、上半身の血液循環が良くなるので、体温も整い、自然治癒力が高まるのは間違いないのです。頭の天まで血液の流れも良くなるので、脳が活性化され、体を正常にコントロールする働きが始まります。即ち、自己の責任で、自然治癒力を涵養することです。
 薬、サプリメントを飲用している人は、脳を鈍くさせているので、下肢の血行が良くなっても、良くなった感覚が判らないようです。つまり、薬、サプリメントは、自然治癒力を後退させているのです。
 寒くなると、昔からしょうが湯は体を温める自然食品として飲用されていますが、確かに上半身は温まると感じますが、下肢の血行が良くなった事例は聞いたことが有りません。また、お酒を良く飲み、肝臓を痛めている人に、足が温かくなりますかと聞いてみて下さい。脳は酔っ払いますが、上半身が温かくなるだけで下肢は温かくならないのです。つまり下肢の血行を悪くしている癖がついているからです。
 血液循環を良くするには、重心を保つ姿勢が大切であり、その姿勢を続けることで深い呼吸も身につき、精神も落ち着きます。集中力が増すことで、脳もよく働きますので、自然治癒力が向上することにつながるのです。

[白隠禅師(臨済宗の僧)について]
 ・1685年徳川五代将軍綱吉の世に沼津市原に生まれる。
 ・15歳で松蔭寺の単嶺和尚の門に入る。     
 ・26歳のときに、禅病を治すために、仙道、医道に通じた隠者を京都白河の山中に尋ね、白幽仙
  人に内観修養の秘訣を聞く。その教えを実践し、禅病を治癒した。
 ・72歳の時に、白幽仙人から、養生の秘法を教えられ、実践して、治癒した体験を「夜船閑話」の
  中に健康法として、「内観の秘法」を書き残す。
   [白幽仙人の内観法:およそ養生の秘法は、常に上部は涼しく下部は温かにし、一身の元気を
    下部に充実させることである。神丹は五行を合わせて練るといわれるが、火水木金土の五行
    とは、眼耳鼻舌身の五根のことである]
 ・1768年12月11日84歳で、入寂する。

237年前
 237年前、江戸中期、1774年に、杉田玄白が「解体新書」を刊行しています。「夜船閑話」を記した時代はそれ以前ですので、血液循環等の身体学の知識は皆無と思われます。
 白隠禅師は、血液循環が良くなったことを、どのように感じたのかと考えると、禅修業していますので、研ぎ澄ましたような脳になっており、体に流れる血液のことを、気と感じ、足の先から、頭の天まで(五根)流れる気を鮮明に感じることを、内感として表現したと考えられるのです。

大悟している釈迦
 大悟している釈迦、達磨大師、白隠禅師、又今日に至るまでの祖師方は、四六時中、我、呼吸に意識を集中することが出来たのです。
 禅とは、呼吸に意識を集中させ、煩悩が出たら切る、出たら切ることで、呼吸に意識を集中させる修行を禅修行と言っているのです。
悟っている人は、瞬時の今を継続することを体得していますので、煩悩が浮かぶことが無いので、全ての現象は、無であるのです。

[道元禅師は
 [道元禅師は、昼夜無間の入室問法の精進をつづけること数カ月、ある日の早暁坐禅の時、一人の僧がいねむりをした。これを見た如浄禅師は「参禅は身心脱落である。いねむりするとは何事だ」と叱責した。この時に道元禅師は、今までのわだかまりや疑念がすべて解消したことを、辦道話に「一生の参学の大事ここに畢(おわ)りぬ」と述べられています。ついに身心脱落の境地を得て嗣書をさずかり印可を受けることになります。]

[寝るときも、気を抜いて
 [寝るときも、気を抜いて、禅修行をしてはいけないと言われたのです。]

人間は、生を受けて死するまで、
 人間は、生を受けて死するまで、一時たりと、呼吸(心臓)を止めることが出来ないのです。言い換えれば、呼吸(心臓)即ち血液は、常に体を巡っていることになります。血液の巡りを悪くしている原因が、坐る、寝るときに有ると気が付いたのです。
 「夜船閑話」の「内観の秘法」は、寝ているときに、両ひざを揃えて、足先を揃え、丹田で呼吸し、両手は丹田に置き、禅定を練ったと考えられます。
 この当時の住職の寝間着は、着物と考えられるので、両ひざを自然と揃えて寝ていたと考えられます。
 冬の寒いときには、現在のような暖房具が無いので、布団に入ると、誰しもが、体を丸くして寝ていたと考えられるのです。
 当時は、寝る前に風呂に入り体を温めることすらなく、せめて布団でもあればよし、夜は内外温度の差が無かった住居でしたので、そのような住居環境で寝ていることを想像して、寝ている姿勢を改めて考えると、白隠禅師は、猛烈な禅修行をされたと考えられます。
 この当時に84歳まで生きるのは、白幽仙人から教えられた「養生の秘法」を忠実に実践したことで、長生きをされたと考えても良いのではないでしょうか。
 「養生の秘法」は、単なる健康法でなく、禅修行をする者にとっては、この上ない修行法であり、寝坐禅を四六時中の修行の中に入れたことで、一層の境涯が向上したと考えられるのです。

白隠禅師が
 白隠禅師が「駿河には過ぎたるものが二つあり富士のお山に原の白隠」と歌われ、大悟した高僧を80人以上出したことで、五百年に一人の高僧であると言われる由縁は、「内観の秘法」を禅修行の中に取り入れたことの成果であると考えられます。

禅病の症状は、
 禅病の症状は、頭がのぼせる、手足や腰が凍りつくように冷える、耳鳴りがする、消化不良と悪夢に苦しめられて、寝られない日々が続くことです。現在での病名で当てはまるのは、肺結核、冷え症、鬱のことだと考えられます。
 何故ならば猛烈な坐禅修行することで、確実に下肢の血行は悪くなるからです。
 冷えの症状を我慢するのが、当時の厳しい修行の一つと考えられ、寝坐禅「内観の秘法」を修行の中に取り入れることで、白隠(本人)も、弟子も、冷えの症状が改善され、禅病が治ったのです。
即ち、「養生の秘法」を説きながら、寝坐禅を弟子の修行の中に取り入れ、指導したと考える方が正論だと思います。
 高僧の書物・禅の専門書は、現在でも読み、解釈するのに難しく、庶民の為の本ではないのです。250年前の庶民は、殆どの人が文盲でその内容を知るすべもなく、冬の寒い夜に、「内観の秘法」に従って寝るわけがないのです。
 白隠禅師が、当時の庶民に健康法を説くこともなく、また、その当時の庶民の生活ぶりから考えても出来る健康法ではなかったのです。

[白隠禅師の「内観の秘法」の要領]
 ・ 仰向けの姿勢  布団の中・畳の上
 ・ 寝床は、煎餅布団
 ・ 地球の重力に体を委ねた姿勢で、宇宙に一切を委ねた姿
 ・ 全身の力を抜く
 ・ 両手は丹田に置き、左手で右手を軽くにぎり合わせる
 ・ 両足を伸ばして、呼吸を整えながら、丹田呼吸を行う
 ・ 静かに気持ち良く目を閉じる
 ・ 丹田に、意識を集中する
 ・ 丹田呼吸をしながら、そのまま眠りに入ってよい

坐禅は、結跏趺坐で
 坐禅は、結跏趺坐で坐り続けることで、下肢の血行、腰を悪くし、その当時の禅僧でも難行だったと考えられますので、それに加えて「内観の秘法」を取り入れることは更なる苦行であるために、坐禅する禅僧に広まることはなかったと考えられます。
 仰向けで寝ることは、猛烈な禅修行者なら意識を丹田に集中し、足を伸ばし、足先を揃えて寝ていることが出来たと考えられますが、現在の禅修行をしている人でも、到底持続して寝ていることが出来るとは思えません。何故ならば、ひざ関節は、後ろ方向にしか折れない関節なので、ひざを伸ばしていると、ひざ裏に凝り、緊張が生じますので、凝りを解消するために横向きになるからです。白隠禅師は、寝返り、横向きすらせずに仰向けで寝て、境涯を練ったと記されています。
 今日の坐禅経験者でも、「内観の秘法」つまり、寝坐禅を修行の一つと知らない人がいます。また、どこの禅道場でも、寝坐禅を教えていないのです。
 250年前、「夜船閑話」の中で記した「内観の秘法」を禅修行の一つと問うことなく、後世になり健康法と知解したために、禅修行の一つに入れなかったと考えられます。

[今、「内観の秘法」を取り入れることができるか]
 「内観の秘法」を今日の一般の人の生活の中に取り入れることが出来るかと言えば、文明、科学、生活環境が、整ったのでことで可能になりました。
 住居環境も整い、寒さ、暑さをしのぐこともでき、寝具も軽く、保温性のある布団も揃えられる豊かな生活状況になりました。
 着物で、裾が乱れないような寝姿で寝る人は、いなくなりました。
 しかも、寝ている時には、仰向けで寝ていても、足を開げその上足を捻らせ、横向きで寝ている人は、足を交差させていますので、「内観の秘法」の要領で寝ていることすらできない姿勢が身についています。おまけに寝ているときぐらい自由に寝かせろと言っている人が殆どです。また、睡眠中に下肢の血行を悪くしている癖が身にいていることで、血液循環を悪くしていると考える人も皆無です。
 東洋医学では、血液循環を良くする療法はあっても、生活習慣の中で血液循環を悪くしている原因は、解明されていないのです。寝ていても、朝方になると体が冷える、血圧が上下することは、ごく当たり前の体の常識として考えられていますし、対処医療を追究する医学では、体の血液循環の良否の研究が遅れているので、今日に至っても「冷え性は万病のもと」と言われているのです。
 白隠禅師は250年前に、寝ているとき、両足を揃えて寝ていることを続けることで、血液循環が良くなることを実感したのです。

[自然治癒力を涵養する
 [自然治癒力を涵養する
    白隠禅師の「内観の秘法」のおどろきの効果
       これは簡単!「寝ながら健康法」の要領]

禅チェアシリーズの「まくら&坐&魔法ベルト」
禅チェアシリーズの「まくら&坐&魔法ベルト」を使用します。
● 煎餅布団で寝て下さい。
● 坐(小)を、ひざまくらにして下さい。
   仰向けに寝て、足が伸びたままだと、ひざの裏が緊張することで凝ります。ひざまくらをすることで、
   凝りがほぐれ、骨盤も緩みます。
● 両ひざを揃えて寝ているために、両ひざの上を、魔法ベルトで縛って下さい。
 (日常生活の中で実現可能にした簡単な方法です)
   魔法ベルトをしたままですと、横向きで寝ていても構いません。
   両ひざを揃えて寝ていることで、左右の股関節が整い始めます。
● 坐(大)を、まくらにして下さい。
   まくらは、頸椎を圧迫せず、頭が自在に左右に揺れる硬さです。
   頸椎がほぐれますので、頸椎を通っている、血管、神経系統も良く作用するようになります。当然、
   頭への血液循環も良くなっていますので脳が良く働きます。
● 両手は丹田を中心として左右に置いて下さい。
   下腹部を手の平で包むようにして下さい。
● 呼吸を整えて眠りについて下さい。
   丹田に意識を置いて呼吸するように心掛けて下さい。
   自然と呼吸が整い始めます。
   呼吸が整うことで血液循環も更に良くなります。
   治癒力の現象を違和感と感じますが、2〜3日で解消します。
   魔法ベルトで、両ひざを縛っていることで、上半身のねじれの治癒も始まります。
   白隠禅師は、血液を「気」に置き替えて、内観の動きを感じることが出来たのです。
   坐禅の経験がなくても、「気」(血液)の流れを感じることが出来ます。

「頭寒足熱について」
 頭寒足熱による養生法は、坐禅の健康法の基本です。
しかし、結跏趺坐で坐る(一般で言う坐禅)ことで、骨盤は広がり、股関節を痛め、下肢の血行も悪くしています。白隠の観想により足熱することは無理な修行法でありますので、結跏趺坐で坐り続けることで、体調を壊したと考えられます。結跏趺坐で坐ることで、下肢の血行を悪くしている癖が付くのです。そのために、猛烈な坐禅修行するほど、病に倒れる禅僧が出たのです。
 白隠禅師は、白幽仙人から教えられた「養生の秘法」を実践することにより、下肢の血行が良くなることに気がついたのです。
 両足を揃えて寝ていると、足が温かくなることを感じ、その上に熟睡できることを知ったのです。坐禅の疲れを寝坐禅することにより解消できたのです。
 白隠禅師は、「大凡生(おほよせい)を養ふの道、上部は常に清涼ならん事を要し、下部は常に温暖ならん事を要せよ」と言っている。即ち「頭寒足熱」のことである。

即ち「体の血液循環が
 即ち「体の血液循環が正常の時が、頭寒足熱なのです。」

[まとめ]
自然治癒力を涵養する

白隠禅師の「内観の秘法」のおどろきの効果
これは簡単!「寝ながら健康法」

禅チェアシリーズの「まくら&
 禅チェアシリーズの「まくら&坐&魔法ベルト」を使用して現代版の「内観の秘法」の要領で寝ていることで、下肢の血行が良くなり、全身の血液循環が良くなりますので、毎日続けることで自然治癒力を涵養する体になるのです。
 250年前には、血液循環とはなんだか判らなかったのですが、文明、情報が進んだ世の中になり、現代人は、体の構造、組織、血液循環について知識を持っているので、誰しもが体内部の血液の流れを体感することが出来るのです。

仰向けで寝て、
 仰向けで寝て、両足を揃えて、伸ばし、両ひざの下にまくらを置き、両ひざの上を魔法ベルトで縛って、まくらは、頸椎に圧迫がかからない、頭は自在に左右に抵抗なく振れる硬さが良く、自分に合った高さ5〜7cm程度が良いでしょう。
 この姿勢で寝ていると、自然と深い呼吸が身につきますので、足の先から、頭の天まですっきりした感覚を体得することが出来ます。
 この姿勢で、呼吸に意識を集中させ続けますと、自然と深い眠りに入っていきます。坐禅経験のある人は、そのまま眠りに入ることで、禅定のまま眠りに入ります。睡眠中も禅定を継続したことになるのです。禅修行している人は、更に禅定が向上するのです。
 この姿勢で寝ることで、睡眠中も血液循環が良いのですから、目覚めも良くなります。
 殆どの人は、絶対に両ひざを揃えて寝ていることはできませんので、寝ている間の血液循環は悪くなります。朝、起きるときには、血圧が上下する、体が冷える症状が表れます。このような症状が出ることは、医学でも常識のように考えられていますが、250年前の白隠禅師は、寝ている間の血液循環が良くなることを実感していたのです。
 白隠禅師「内観の秘法」と聞いただけで、仏教と考えて、難しく、特別な人だけが行うものだと考える人が殆どです。
 禅書を読み解釈することは、確かに難しくもあり、難解です。
 難しい禅の書物の内容が、大衆向きに、日常生活で実現可能である健康法として解き明かされたことにより、世間に改めて仏教とは何たるかと問い直すきっかけになり、禅が改めて見直されて、世の中の平安に寄与することを切に願います。
 「養生(健康)は一国を守るようなもの」と言われた白隠禅師のお言葉が、今日に生かされることになるのです。
 誰しもが、疲れると寝ます。寝て起きると疲れも取れて寝起きが爽やかになります。爽やかな一日が始まります。
 禅の本は、人間のありのままの様子を説いているのであって、自然体の体を保ち続けることが大事だといっているだけなのです。
 健康であることは、精神も安定しますので、白隠禅師の説法が250年経った今、蘇えったのです。

合 掌
嵩 和夫 記

COPYRIGHT(C) さんこう計画 ALL RIGHTS RESERVED.